【占い師監修】夢の中でエレベーターが出てくる意味とは?閉じ込め、急降下など紹介!

エレベーター夢

夢の中でエレベーターが出てくることはあまりないので、今までに見たことがある人でも記憶に残らないかも知れません。今回はエレベーターが夢に出てくることの意味をいくつか紹介することによって、夢の中でエレベーターが出てきたときにドキドキ出来ることでしょう。また、夢から覚めてもその意味を想像して、正夢になれば話のネタになります。意味を知っておく分には損なことは一つも無いため、是非学習して行きましょう。

エレベーターが出てくる夢の意味とは?

まず、エレベーターが出てくる意味ですが、人生の重大な岐路になっていることを意味しています。エレベーターが乗り物であることは誰しも理解できますが、他の乗り物と異なり、一度閉じたら再び開くまで自由に開閉することが出来ません。人生も自由に思い通りにならない点では通じるものがあります。

内容別夢占い①エレベーターに乗る夢の意味とは?

次に、エレベーターに乗る夢の意味ですが、新たなる旅立ちを意味します。それも勇気を出して自分から一歩踏み出している様子が見て取れます。現実で判断に迷っていることでも、本当はこうしたいという潜在的な気持ちがエレベーターに乗るという行為に現れています。

内容別夢占い②エレベーターに閉じ込められる夢の意味とは?

さて、エレベーターに閉じ込められる夢の意味ですが、これは場面通り現実の世界で誰かもしくは組織に自分自身を押さえつけられていると思っていることを表します。たとえその気持ちが表面化していなくても、意識の奥底では自由に自分の意見を発することが出来ない息苦しい世界であることを意味しています。乗っているエレベーターから見える場所が抑圧している世界として現れています。

内容別夢占い③エレベーターが急降下する夢の意味とは?

続いて、エレベーターが急降下する夢の意味です。エレベーターはそもそも一定のスピードで移動します。このため、急降下という状況は本来あり得ません。つまり、予期せぬ出来事が現れる前兆を意味します。それもどちらかというと急降下という言葉に表されているようにあまり嬉しくない出来事であることが多いです。下に下がるスピードが速ければ速いほど考える暇も無く時間的に差し迫った状況を意味します。その落下地点までの距離によって、その出来事が自分にとってどれくらい嫌な出来事かということを表します。

内容別夢占い④エレベーターが故障する夢の意味とは?

お次はエレベーターが故障する夢の意味です。急降下よりも更に悪い状況を意味しています。現実の故障に当てはめると車や自転車等の乗り物が該当します。パンクしたり、サドルが盗まれたりと明らかな損失が見て取れます。

内容別夢占い⑤エレベーターでの事故の夢の意味とは?

エレベーターでの事故の夢の意味ですが、エレベーターは機械です。そこに乗っている自分自身は出ることが出来ないので、自分自身を表しているとも言えます。一心同体である以上、交通事故や作業中の事故などが想像できます。このため、このような夢が現れたらより一層行動するときに気を引き締めて注意しながら生活するようにしましょう。意図していないことでも事故になり得ることから、万全の体制で物事に向かうべきです。余裕を持って生活できないようでは一度立ち止まって余裕が出来るまで待つべきです。

内容別夢占い⑥エレベーターが止まらない夢の意味とは?

そしてエレベーターが止まらない夢の意味です。良くない出来事が多々続きましたが、これは最後の場面に切り替わるまで良い出来事か悪い出来事なのか分かりません。まるでジェットコースターのようなスリルも味わえますが、最後の場面がどのようなところかはしっかり記憶しておきましょう。それによってエレベーターが止まらない意味が変わってきます。

内容別夢占い⑦エレベーターに恋人と乗っている夢の意味とは?

最後はエレベーターに恋人と乗っている夢の意味です。これはエレベーターの中で恋人とどのような会話をしているのかによって意味合いが変化します。恋人から切り出す話であれば、基本的には別れ話など悪い出来事を示唆します。それが長ければ長いほど恋人から耳を塞ぎたくなる罵詈雑言を発せられる恐れも出てきます。一方で、自分から話を切り出すときはプロポーズなどの爽やかな出来事であることがほとんどです。もちろん相手の回答ありきですが、たいていの場合、密室で二人しかいないので、誰に遠慮するわけでもなく、良い返事が期待できることでしょう。万一意図しない返事が返ってきた場合でも心配することはありません。現実ではそのような夢と同じようにならないよう別の言葉でプロポーズすることが出来ます。夢で一度練習しているのでそこまで緊張することもなく自然体で臨める点もメリットです。

エレベーターの夢のまとめ

これまで長々と記述してきたエレベーターと夢に関してですが、基本的に出てくることが少なく、場面と場面の間であればそもそもエレベーターの存在に気づかない人もいることでしょう。もちろん全ての出来事が現実でも起こりうるとは限らないことは確かです。良い出来事は特に心配する必要はありませんが、悪い出来事は十分すぎるほど構えておきましょう。備えあれば憂い無しという言葉どおり、予め予測しておけば有事の際にとっさの一歩がすぐに踏み出せます。もちろんそれでも状況が好転しない可能性出てきますがそれでも行動しないで後悔するよりも、行動して後悔する方が、後々トラウマになりません。夢を見ないという方法もありますが、それではあまりにも味けありません。夢でしか体験できない楽しいこと嬉しいことを十分に味わって人生を堪能しましょう。